野菜をたくさん食べるために夕食メニューを工夫する

ボクは身体身体なので、あんまり健康に気を使って掛かる人間ではないかもしれません。
ですが、お母様として、奥様として、家事の健康管理、家事のために自分自身が健康であることを気をつけるようにはなりました。
最高気をつけて要ることは、何より夕食だ。野菜は腹一杯食べて貰うように毎日の食べ物作りを頑張っています。
マイホームは生野菜サラダで野菜を盗ることが最前なのですが、坊やが依然として狭苦しいので、捻りしないとたくさんは食べてくれません。
うちの通常は、サラダに肉関わりを一つプラスすることです。
レタスにトマトに+蒸し鶏。
レタスに茹で卵に+シーチキン。
レタスにパスタに+カリカリ豚バラ。など。
肉関わりが加わるため食べやすく、野菜も進むようです。
http://xn--cckea7l9an7npai1o.biz/
他に夕食で気をつけていることは、坊やの訓練を考えて、乳製品を含めることです。
おやつにチーズを加えたり、サラダにも大好きなチーズを入れて、乳製品を摂りながら野菜も腹一杯とれたりという。
バストはうちの子供たちはどうもそのままでは飲んでくれません。気が向いた時だけというんでしょうか。
ぶらりと、「バスト飲もうっと!」と言い、飲んでくれる時はラッキーだ。
いつものコンソメスープにバストを加えて「今日は白いスープよ♪」と、バストのスープは言わず、ネーミングを工夫してみたりする。
あとはやはりマスのトウモロコシフレーク様です。これはすばらしいです。おいしくバストが摂れて、相当食がもたつく朝方、ちゃんと食べてくれる。
以上の報告から分かるように、わたしは運動要所で健康に気を使うことが嫌悪だ。
クルマ人前の田園生活、少しの区間ならあるくように心がける。このくらいから始めてみようかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です