促進剤3日目でやっとお産、くたくたになりました

妊娠後期から、血圧が少しずつ上昇しだしふくよか妊婦だったこともあり39週間で触発お産をすることになりました。
月曜日に入院して夜に内診してもらったまま赤ん坊は、少々降りてきていないし、子宮口もかなり開いていなかった結果通称内診グリグリをされて、子宮口を広げる為にラミナリアという海綿を12当入れられました。
内診グリグリも跳ねあがるほど痛かったし、ラミナリアを来れるのもすごく痛かったし、入れてからは違和感があって駆けにくかったりで危険でした。そうして高位破水やることも分かりました。
歯の黄ばみを取りたいのならコチラへcritical-health.org自宅で出来るホワイトニング
破水やることによって、タイムリミットがありました。数日中に分娩できないと帝王切開になる公算がでてきました。
その日はもっぱら熟睡で、翌朝にまた内診もらい子宮口が3センチ解き放ちました。そうして、その日から点滴で陣痛開設剤を半ごとに体積を増やして午前の9局面から17局面までいれてもらいました。ただし毎日目は陣痛にからきし繋がらず17まま終わって点滴を外して真夜中もグッスリでした。
そうして明日も同じく朝から開設剤の点滴をしました。昨日と違ったのは少しだけ苦痛がついてくるようになりました。正午間は苦痛でご飯を食べるのが難しくなりましたが、只夕方になるにつれて苦痛が遠退き、また翌日に仕切り直しになりました。
そうして木曜日それまでと一緒で朝から点滴、昼下がりの14局面間から陣痛と思われる苦痛に襲われました。但し強敵進みが乏しい結果また明日に仕切り直しで点滴をはずしましたが、ルームにもどって1瞬間くらいで荒々しい苦痛とともに嘔吐し陣痛室に引き返しました。
ただただ陣痛も進み、尋常じゃない苦痛に堪えながら14ときの陣痛から8瞬間のお産瞬間で長男が生まれました。
何だか陣痛がつかなくて着いたのは開設剤3お日様目で私も心もクッタクタになるほど危険でしたが、生まれた途端に忘れました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です