いざ出産という時に病院に困らないために

お産って産む一時が一番大変かってこればかりでしたが、本当に受胎出だしで産院用意に奔走するとは思っていませんでした。
「おめでとうございます。」の次には「こういう病舎ではお産はできないのでアピール状を書きますから病舎を決めてください。」
受胎の喜ぶ余暇もなくドギマギという産院を予約しました。一際短く決めてなくては。切望とか理想のお産とか考えている空きはなく、今予約出来る産院カタログから一番近い産院に決めました。
受胎後期になって現に、お産始める産院への通院。大きなおなかで銭湯にのり、坂をのぼり、長い詰め所での待ち時間。地元の人間ではなかった身は所在地だけで近所の病舎を決めたので各週の通院は予想以上に一大方法でした。アッという間に妊婦タクシーのエントリーをしました。
グリーンスムージーの定期購入をしてました。
お産の様子が出たのは夜更けでした、アッという間にタクシーを呼び産院へ、思い切り苦しかったおなかも病舎についたら落ち着いてきてしまい子宮口もリザーブがみられません。
時時現れる陣痛に悶絶しつつ病舎のクラスを上記へ底へという、深夜の病舎のクラスに響く私の悩む所見。幽霊という間違われるんじゃないかと思いながらも子宮口を広げる結果あるく。あるく。点滴やるけが人様が「大丈夫ですか?」なんてゴメンナサイ無念をおかけして1時間ほどまごまご。
但し、結構もたつく分娩に助産師様からは「とにかく帰宅してください。」とびっくりのレクチャー。家庭にもどってお風呂に入ると分娩がすすむからというが、10分おきに来る陣痛に半べその身は常に優しい助産師様がこの時は魔神の様に見えました。またタクシーで帰還、ウンウンうなりながらお風呂に入ってまたタクシー。少なく出て来て、おなかにかけてそれほど所見をかけるのは私だけじゃなく、助産師も先生も、恋人も継母も。
結果、最初に病舎をめぐってから2日光なかばたってようやく産まれてくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です