どんな顔して買うんだろ?年の数のバラのプレゼント

わたくしが家内から貰えると有難いものはお年に歳の通算と同じ数量の花束だ。アメリカのムービーやドラマなど、真にアメリカの身の回りが家内や恋人からバラの花束をお年や思い出お天道様にもらっているのを何回か見たことがあるのですが、当の自らでない私でも見ているだけで感動してしまう。男子のひとは総額が高くて光物なら夫人は喜ぶだろうと思っているのかもしれませんが、実際それと同じくらい、若しくはそれ以上に花束をもらえるのは嬉しいです。家内さんが如何なる顔つきして花屋さんにかいにいってくれたのだろうか、恥ずかしかったのかな?などを考えると、ふむふむ私のために本当にありがとうねといった思えて様式がありません。何だか100雑誌のバラはいくぶん大仰すぎる気がするので、僅か嵩を減らして自分のお年に歳の通算の花束を照れながら渡して受け取るといった結構嬉しいなと思います。そうして魅力やビジュアルの華やかさだけでなく、その花の花言葉なんかも敢然と伝えてもらえるとどんどんうれしいです。日本には多くの花屋さんがあるので、花束の会得自体は二度とわかり易いというのでできるだけ、彼氏のことを思いながら大切なお天道様、思い出お天道様、お年、バレンタインデーなどに花束をプレゼントしようという男子のひとが増えてもらえるのを心から期待しています。何だか、大好きな人からできるものは何でも楽しいと思います。譲り渡す目当ての事を思いながら選んでくれているその時間もいとおしく思えますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です