乳児が顎を伸ばしてる、長丁場の難産でした

ついつい2ヶ月前に初めてのお産を積み増しました。深夜0歳月から陣痛が15パイ毎になったので入院する事になりましたが、子宮口も開いておらず朝方まで不定期陣痛が続きました。朝方一から遂に5パイサイクルになりお産が始まりました。但しお腹の中の乳児のサイクルがうまくいかず、また乳児は顎をひいていなくちゃいけない要所、首を逸らした状態から変わらなかったので、助産師くんから『抱腹絶倒角度で産道通って頭の大きな部分で見つかるしいつもより長丁場で厳しいかも』と言われました。ようやくなのでしょっちゅうが分かりませんが(笑)また、自分がお産した病院は政策としてムダな対応は行わない要所でした。ですので会陰の増加が悪くても会陰切開は根本行わず時間をかけてゆっくりと表皮を伸ばし
て出向く企画でした。自分はあんまり伸びなかったみたいで、陣痛でいきむ度に医者といった助産師くん両人掛かりで会陰の表皮をグイーっと伸ばされました(>_<)それがさんざっぱら痛かっただ(^^;;でもついに繰り返し振舞い乳児がやがて進んできました。自分はこれがいつまで貫くのか、速く出てくれ!と思いながら痛みに耐えていましたが、過息吹になり全身に痺れが出始めました。そうして元々汗かきだった事もありカラダ汗だくで暑くて暑くて、父兄にうちわであおいでもらってました。そうなると今度は汗が冷えてカラダ揺れるほど寒くなりました。寒いという訴えると助産師くんが真下に湯たんぽを用意してくれましたが後々たちまち暑くなりまた汗だくになりました(笑)はじめて乳児が出た以下、助産師くんがボディを拭いて着替えさせて貰えるが、羊水が漏れたのかといった勘違いされるほど背中はビッショビショでした(笑)結果、膣のインテリアがちょこっと切れたらしく縫われてドーナツバッファが前提でした。乳児は無理くり産道を通ったらしく産まれた歳月泣かず、吸引されて安穏産声をあげました。頭もいくぶん変形していましたが、現在はきれいに治り元気に育ってある。 続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です