誰に見られても恥ずかしくないものを選ぶようにしたい~パルコの水着を友達の目から見てかなりのおばさんが着ていたというのはとても不思議

20代の時に友達から聞いた話です。

私の友達は25歳の時、パルコの三愛というお店で、白地に赤系の大きな花柄が入った、Aラインのワンピース水着を買い、彼氏とプールに出掛ける時にその水着を持って行ったそうです。

そもそも泳ぐことが好きで、市民プールからナガシマリゾートまでデート先に選ぶことが多かった友達ですが、彼氏と付き合い始めた20代の時点では社会人になっていたので毎年、自分の給料で新しい水着を買いに行くほどでした。

私は当時やっていた仕事の休みの都合が合わなかったこともあり、その友達とは今年、一緒に泳ぎに行くことができませんでした。

すると夏休みの真ん中辺りで、友達と二人でお茶をする機会があったのですが、彼氏とナガシマリゾートに行ったばかりだったので、私がどうだったのかきいた時に、友達がちょっとガッカリした様子でこう返して来たのです。

「プールサイドを歩いてたら、私が着ているものと全く同じものを、かなりおばさんっぽい人が着てたよ…。

あんまり恥ずかしかったから、来年からはもう着られないよ」
個人的には、明るい色のワンピース水着だったら20代の女性だってすごく似合うと私は思うので、友達の水着選びが間違っていたとは思わないし、そもそもその友達は服を選ぶセンスがとてもいいので、私はただ彼女の言うことに同調して頷くだけでした。

それにしても、偏見かもしれませんが働き盛りの若い女の人や女子高生たちが客層の中心だと思うパルコの水着を、友達の目から見てかなりのおばさんが着ていたというのはとても不思議で、今でもよくわからないままです。

今、その私も30代で、人前にさらすのもおこがましいくらい脚が太くなってしまいましたが、もし久し振りに勇気を出して水着に着替える機会ができてしまった時は、必ず同性の意見を聞いて、誰に見られても恥ずかしくないものを選ぶようにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です